--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

08.04

« ( ‘д‘)<26時なのにシンデレラ »



「21時までのシンデレラ」 作詞・作曲:つんく 編曲:小西貴雄
C/W「秘密のウ・タ・ヒ・メ」 作詞・作曲:つんく 編曲:橋本由香利

やばいなあ、明日も仕事なのにリピートをどこでとめていいのかわからなくて眠れないや。(あと、c/wも今年最強のドリーミィギターポップ。高水準。なんでこういう曲がWに回ってこねえんだよ…)小西さん、相変わらずのいいお仕事ですね。曲の技術的な細かいことや、BERRYZ工房精神論とかもちまちま書きたいけど、今日はリスペクトをこめて小西タソのGOOD JOBS TOP3でもやるか。

3.たんぽぽ (Grand Symphonic Version)/タンポポ album"All of タンポポ"


正直、たんぽぽの原曲には全くピンときていなかったんだけど、このアレンジで一発で好きになった。そうか、タンポポっていうユニットは壮大な劇だったんだ。そう気づかされた目からウロコものの一曲。

2.ガールズパワー・愛するパワー/メロン記念日 single"さぁ!恋人になろうc/w"


いちいち俺が語るほどのものじゃない超絶名曲。だから細かい話をするとこの曲の隠し味は、「ガールズパワー!パワパワ!」って歌ってる裏に代表される「ほわほわ」した音のシンセ。こいつに気がつくと妙に中毒性がでてきて猿リピートしちゃうこと請け合い。

1.ミニモニ。ジャンケンぴょん!/ミニモニ。single"ミニモニ。ジャンケンぴょん!"


この曲を初めて聴いたときのショックは絶対に忘れられない。現在的でクールでキュートで、エスニックでサイケぶっ飛び。サンプルドラムパターンの軽やかさがミニモニ少女たちのステップと科学融合してびっくりソングを生み出した。俺とかマジでこれ聴いてヲタになりますた。
スポンサーサイト

ぼいんぼいんtunesトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。