--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

03.20

« ( ‘д‘)<ももちが怖い。 »

ももちが怖い。どうしようもなく怖い。
何が怖いってあいつはヤバイ。何がヤバイってあいつはプロだ。
俺もいい加減駄目リーマンだが、どういうのがプロの仕事かくらいならすぐにわかる。ゲゲゲの鬼太郎の髪の毛アンテナみたいなやつでビビビってくる。
だから俺の髪の毛は今日も元気です、はい。
とにかくももちはプロだ。徹底的にプロだ。ももちをみてまず連想する四字熟語は「後藤真希」。
後藤加入当初のいきなり1位取らなきゃ宣言に象徴される徹底したプロ意識を、さらにチェルシー(ミルク味)の銀紙で2重に包んだようなナチュラルなヤバさをももちから感じる。ヤバイ、こっちが適当に見ているとももちからナイフでさされる気がするよ、ママン。あの、笑顔、声、佇まい、振り付けはすべてももちのプロ仕事、自分に要求されているものを完璧かつ淡々とこなしている。アマチュアは去れということか。しかもももちはでしゃばらない。虎視眈々と己の出番をまち、打席に立ったときの一球に全てを掛けている。いやだ、コワイ。そんな広島カープの前田みたいなアイドルいやだ。俺は女子高の文化祭をみにきてるんだ、わいわい楽しくやってるのをほほえましい気分でみていたいんだ畜生。

momoko001.jpg

↑打席に立つ前の職人の表情だ。↑はじける時もカメラを意識!↑あれ…ももちさん?


俺よ・・・本当はももちのことがすきなのかよ・・・
スポンサーサイト

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。