--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.26

« Buono!1stTour"CafeBuono!" »

全国ありとあらゆるところでBuono!1stTour"CafeBuono!"開催中!
俺の脳内で。


lastforever-small.jpg

rockgod-small.jpg

各方面から絶賛の声をいただいております。俺の脳内で。
サーストン・ムーア
「最近、Buono!の「バケツの水」をよく聞いてるよ。
少年ナイフと同じでとってもキュートだね。」


キム・ゴードン
「十代の少女がなかなか表に出せない欲求を、彼女たちは素直に表現
しているわ。私はそこにセクシュアリティの越境の可能性が見えるの」


DJプレミア
「今度、日本の曲でおもしろいフレーズがあったから使うつもりだ。
曲名は「泣き虫少年」だったかな?クライングベイビーという意味だろう?
自分の存在の原点に帰るようで、歌もきにいっている。」


ケミカル・ブラザーズ
「今度、日本のBuono!の曲をミックスするよ。
ヨーロッパのディスコ・リバイバルには保守的で飽き飽きしてるけど
日本のアーティストに違う新しい可能性を感じるね。
僕らには珍しく可愛い感じになるとおもうよ。」


イアン・ブラウン
「僕にとって”こころのたまご"は衝撃的だった。
あれからダンス・トラックに目覚めたんだ。」


クリス(クーラ・シェイカー)
「昨日、Buono!の「星の羊たち」のデモをもらった。
オリエンタルな響きが刺激的だね。
そうだね、僕らの音楽に通じるものがあるね。」


アレック・エンパイア
「「バキューーーン!」にはデジタル・ハードコアに通じる
破壊性がある。」


カート・コバーン
落ち込んでどうしようも無いとき・・・俺はベッドルームに
パジャマの姿で閉じこもって少年ナイフとヴァセリンズ、
そしてBuono!を聞いたんだ・・・
(インタビュアーに向かって)なあ、あんた、日本人だろ?
日本に帰ったら、嗣永モモコに伝えてほしい・・・
あんたの「ホントのじぶん」が、俺の命を救ったんだって・・・


ボビーギレスビー
「日本に来たとき、たまたまラジオから、"Last Forever"が流れている
のを聴いたんだ。すごいショックだったね。もう、これしかない、って
感じで。日本に来たことを感謝してるよ。アルバムのコンセプトが完成
したんだ。それで"Exterminator"が出来たのさ。」


ジョン・スクワイア
「スタジオでツェッペリンやフリー、Buono!を聴きながら
延々とジャムった。それで「セカンド・カミング」が出来たんだ。
イアンの奴がよくラリって、「バキューーーン」を真似てたけど
あんまり似てなかった。(笑)


ロバート・フリップ
Buono!は、素晴らしい。
彼女らの声は西洋の歴史からも、そして彼女自身のアイデンティティの
基になるはずの東洋の歴史からも自由だ。
完全な自由。私が30年に渡り心身を削って得ようとしたものを
彼女らは意識することなく最初から身につけている。
そして何より、彼女らは、私の妻と同じくらいチャーミングだ(笑)。


プロディジー
2000年代で特に気に入っているレコードは「CafeBuono!」
かな。あのアルバムに込められた憤りと真実味に拮抗できる作品は未だに
世に出てないよ。


トッドラングレン
XTCのスカイラーキングのプロデュースをした時は正直、二度と
他人のプロデュースなんてするもんかって思ったんだ。でも、Buono!
ならやってもいいなって思ったよ。何故なら彼女達にはアンディの
ような独裁者がいないからさ・・・なんて、ジョークだよ(笑)。


トレント・レズナー
「僕は男娼でもなければ、ヘロイン中毒でもない。ただの
ありきたりな、頭のいかれた人間で、自分の破綻を説明していた
だけなんだ。「このくそみたいな世の中に適応できっこない。でも、
そんな気持ちをわかってくれるやつがいた。」という。
そう、例えばBuono!の「ガラクタノユメ」みたいにね。」


アンソニー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
「久しぶりにジョンに電話したとき、最近何聴いてるの?って
尋ねたら、偶然2人とも。「恋愛ライダー」だったんだ。
やっぱモモコ・ツグナガが最高だ!ってとこまで、一緒でね(笑)
フリーはアイリ・スズキにぞっこんみたいだけど(笑)
で、自然と久しぶりに皆で演奏してみないか?ってことになって
ジョンと。「恋愛ライダー」をスタジオでやってみたんだ。
それが、すごくファンキーで、もう無茶苦茶OKって感じで。
で、ジョンが戻ってきてくれた、ってわけさ」


カール(アンダーワールド)
「もちろんアメリカやヨーロッパ以外の、アジアやアフリカの音楽
にも関心がある。マリ、マダガスカルといった北アフリカのものとか
好きだよ。ケイジャン・ミュージックとモンゴルの伝統音楽にも
共通点を感じる。「Internet Cupid」のエネルギーも、ぜひ、
ダンス・ミュージックに取り入れてみたい要素だ。」


コートニー・ラヴ
ミート・パペッツや少年ナイフ、ヴァセリンズなんかのCDと一緒に
カートはBuono!をよく聴いてたわ。
あたしには正直言ってよく分かんなかったけど、
カートがホントに無邪気な笑顔で彼女たちの曲を聴いてるのを見ると、
それが彼にとって本当に大切なものだってことが分かったの。
カートが好きだったBuono!のCDは全部焼いちゃったけど、
今でもラジオから「ホントのじぶん」が流れてくると、あたし、涙を流すのよ。


バーナード・サムナー
イアンが死んじまったときは、悲しいとかなぜだとか思う以前に
途方に暮れたって感じだった。しばらくは楽器を手にする気力もなかったね。
でもそんなとき、フッキーが「Cafe Buono!」のCDを持ってきたんだ。
「こいつはすげぇぜ」って感じでね(笑)。もちろん僕も一発でぶっ飛ばされたよ。
それからすぐ、スティーブンと彼女のギリアンを呼んでジャムったんだ。
その時出来たのが、NEW ORDERの輝ける第一歩、
「Never End and Love Foerver」をもじって
「Dreames Never End」ってわけさ!


アンディ・パートリッジ
トッドのことは思い出したくない。我々にとってあの時代は苦痛で
しかなかったんだ。ただ、残念に思うのはBuono! あの時に
彼女たちが存在すれば、もっと違った結果が生まれたかも知れない。
アップル・ヴィーナスのヴィーナスとは?。そう彼女たちのことさ。
パワフルなパフォーマンスを観ていると、ライブを捨てたことが馬鹿
らしく思えてくるね(笑)。


モリッシー
「Buono!を否定するということは、マドンナを肯定
するということだ。そんな奴らには、濡れた運動靴でピシャリ
とお見舞いしてやるさ」


リチャード・ジェイムス
そうさ。16のときに自分でシンセを作って音を出してみるまで
まともに音楽なんて聞いたこともなかったよ。
その後に初めてクラフトワークの「ナンバーズ」そして
Buono!の「Internet Cupid」を聞いて、びっくりしたよ。
俺と似たようなことをする人間が他にもこの世に存在したってことにね。


リアム・ギャラガー
俺達は、Buono!になりたいだけなんだ。


シド・バレット
ボ、ボーノ、ノボ?
アハハー、帽子が笑ってるよぉー。アハハハー!
(以下意味不明により取材中断)


バーナード・サムナー
JOY DIVISION時代から音楽性が変わったって言われるけど、
そもそも僕たちにダンス・ミュージックを教えてくれたのは、イアンなんだぜ?
やつはよく楽屋でクラフトワークやジョルジオ・モロダー、そして
Buono!を聞いてはハイになってそれからステージに上がったものさ。
客入れのBGMで「じゃなきゃもったいないっ!」をかけては、客と喧嘩してたっけ。
そう、やつは夏焼雅がお気に入りだったのさ。
スポンサーサイト

ぼいんぼいん遊びトラックバック(0)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

モリッシーが出てくるタイミングで吹いたw
そういやヒロポンってThe Rezillosとか聞く人?

名無し募集中。。。:2008/03/06(木) 02:49:07 | URL | [編集]

聴いたこと無いのでググってみたらなんとラモーンズとツアーやったことあるパンクバンドだそうで。
俺は結構UK寄りなパンクばっか聴いてたのでラモーンズもそうだけどUSパンクは弱いんだよなー。
iTunesMSでTop of popsという曲を試聴したら、あらあらシンプルなアメリカンパンクスでびっくり。ラモーンズよりポップかもw
多分greendayであるとかoffspringなんかのUS勢にも間接影響がありそうな感じだね!

ヒロぽん:2008/03/06(木) 21:55:14 | URL | [編集]

ヒロポンとは真逆だなあw
ハロで言えばAKIRAヲタでロックならどっちかというとUSのが好きだわ

Rezillosがどこまでメジャーだったのかはわからんが
greenday・offspringとかはDescendentsあたりからかなり影響うけてそうに思うよ

でもそんなことどうでもいい
Buono!の曲と3人がすばらしすぎる
そうそれだけでいい・・・・・・・

名無し募集中。。。:2008/03/07(金) 07:27:12 | URL | [編集]

あー俺は高橋諭一とか永井ルイヲタなんでまんまUKだなw
ハロプロ好きな人はいろんな嗜好がいて楽しいなー

ヒロぽん:2008/03/07(金) 07:29:49 | URL | [編集]

追記
Fatboy SlimのSNOOZERインタビュー記事
「そうそう今年はSUMMER SONICってフェスで日本に行くよ。今はそのためのスペシャルなトラックを作っているところさ!どんなトラックかって?元ネタはBuonoの曲とだけ言っておくよ(笑)あとはお楽しみさ。みんながハッピーになること間違いないよ!」

tomo:2008/03/31(月) 22:30:55 | URL | [編集]

さらに追記
日高正博 (株)スマッシュ代表 FUJI ROCK FESTIVAL公式HPより
「すっぱ抜き情報?うーんそうだな今、一番キュートな日本のガーリーロックバンドに交渉中だよ。FIELD OF HEAVENに出てもらおうと思ってるんだけど。ヒント?(笑)これを見れた人は「おいしい」経験にになると思うよ(笑)これぐらいで勘弁してよー」

tomo:2008/03/31(月) 22:50:53 | URL | [編集]

きたよ!
http://www.barks.jp/news/?id=1000039139
えらく期待させやがるぜ!

( ‘д‘):2008/04/10(木) 23:08:55 | URL | [編集]

でたああああああああああああああ
衣装も発表されてたけど高速膝カックンをくらった気持ちになったw
曲に超超期待します!

ひろぽん:2008/04/10(木) 23:54:26 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。