--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.27

« 最後の晩餐 »

そして僕はお酒をしこたま飲んだせいで、ものすごい頭痛に襲われるとともに、強烈な眠気に襲われている。
しかし、自分が意図する・しないに係わらず、右手では以下ののurlを小刻みにダブルクリックする単純な連続運動を続けている。
http://www.helloproject.com/artist/08/01/index.html
あなたがいつこのブログにたどり着き、このurlをクリックするのか僕にはわからない。
そのとき、あなたにはこのurlのリンク先に何を見るのだろうか。

いま僕には、僕の情熱をささげた一人の可愛らしく愛おしい女の子の顔がみえる。
そしてそれはまもなく、このちっぽけなwebという世界から消去されてしまうのだろう。
僕はこの可愛らしい愛おしい女の子が消えてしまうその瞬間までurlを何度も何度も何度でもクリックし続けたいが残念ながらもう頭が回らないみたいだ。

…もう俺も年なのかな、それもそうだろう。
このurlの先にいる(あるいは過去にいたであろう)昔はあんな小さかった女の子も、もう19歳になったのだから。

もう眠い。
いろんなことを思い出した。
もう眠い。

僕が朝あわてて飛び起きて、何か大切なものを探しまわるように再びこのurlをクリックしたとき、リンク先にいた可愛らしい女の子の画像がなくなっていたら。

だけど、このwebページだけは絶対に保存はしないんだ。
そう決めたんだ。
そう決めたんだ。

もうねむい。

もう

ねむい。

時間はとまらない。
スポンサーサイト

ぼいんぼいん日記トラックバック(0)  コメント(9) 

Next |  Back

comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2007/03/29(木) 10:05:29 | | [編集]

表示の件は申し訳なかったです。
今更ですが許可のある方に変更させていただきました。

ヒロポン:2007/03/31(土) 22:41:35 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2007/04/01(日) 17:17:15 | | [編集]

大分姉妹知ってるか?W双子ユニット http://21-307.at.webry.info/200611/article_55.html

dekosayu:2007/04/03(火) 19:05:54 | URL | [編集]

dekosayu:2007/04/03(火) 19:10:11 | URL | [編集]

ラジオやってくれよ
ヒロポンの歌聴きてーよ

ヒロポンヲタ:2007/04/15(日) 21:09:59 | URL | [編集]

ラジオやってくれ
ヒロポンの歌聴きてー

nanasi:2007/04/22(日) 21:16:14 | URL | [編集]

狼でやってないってどこでラジオやってるんだ!!!

nanasi:2007/04/28(土) 15:53:24 | URL | [編集]

逆ギレ!加護亜依をつぶした男が訴訟へ!

復帰を目前に、加護亜依を芸能界から追放してしまった元凶と報道された、
石本靖幸氏が、なんと逆ギレし、
マスコミ相手に、訴訟準備中らしい。
石本氏に相談された「モッツ出版」の高須基仁氏が、
激怒し、その内幕を暴露。

マスコミの報道により、「加護を潰した男」として、すっかり定着してしまった感のある石本氏ですが、まさか、その男が逆ギレし、訴訟を起こそうとしているとは~。

石本氏がマスコミ相手に訴訟を起こそうとしているというのですが、
彼の主張は以下のとおり。
1)石本氏が経営するカフェに加護ファンが殺到。いたずら電話のほか、壁に落書きされるなど、嫌がらせを受けている。
2)報道されるまでは、店に芸能人がたくさん来たが、報道後は誰も寄り付かなくなり、売り上げも落ちた。
3)一部マスコミみ同氏の顔写真が掲載された結果、道ゆく人にジロジロ見られるなど、精神的な苦痛を受けている。ノイローゼ気味だ。

石本氏は訴訟に関する相談を、「モッツ出版」の高須氏に持ちかけたのですが、高須氏はそれを聞いて以下のように激怒したといいます。
「石本、おまえは自分だけマスコミに潰されたと思っているんだろう。そのお前が加護を潰したんじゃないか! 自分のことを棚に上げて訴えるだあ!? 保身に走ってるんじゃねえ!」

高須氏は、さらにこう続けたといいます。
「訴訟なんてほざく前に、まず加護や所属事務所、ファンに『僕がついていながら申し訳ありませんでした』と謝るべきだろう。言いたいことがあるなら、きちんと筋を通してから会見でも開けばいいじゃないか」

う~ん、あの事件はもう終わったと思っていたのですが、
問題を起こした張本人が、訴訟とは、口あんぐりになるしかありませんね。
訴訟を起こすことで、あの事件の真相が明らかになるならば、
ぜひとも実行してもらいたいものです

@@:2007/05/03(木) 18:59:20 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。