--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

06.29

« ( ‘д‘)<HUNG DJ!HUNG DJ!HUNG DIVA! »

今年のハロプロは本当にえらいことになってる…



遅ばせながらようやく購入しました。
ちなみに今回は「試聴」も一切なし。今回は忙しさにかまけて特に発売日の事前チェックもしてなかったのですがなっちが脳内に語りかけてくるままにCD屋に足を運び買ってしまいました。はっきりいって運命すら感じてる。

結論をいうと最高。

取りあえずリピートが止まらないし、止めるつもりもありませーーーん!!!!

「ザ・ストレス」
 作詞:森高千里 作曲:斉藤英夫

M1.ザ・ストレス
  編曲:上野圭一 ホーンアレンジ:竹上良成
 Programming:KEIICHI UENO
 All Saxophone:YOSHINARI TAKEGAMI
 Clarinet:EIJI TANIGUTI
 Rap:秋田犬 DOB-ROK


まず、表題曲だが完全にこれで襟元をつかまれてしまった。
COoooooooooool!!!!
色々とポイントがあるのだが、今ハロプロ曲でこのホーンの音色がきちんと生きたアレンジになっていることを素直に喜びたい。
娘。の「青空がいつまでも…」や「パープルウインド」のようなコンプレスとかリミッタが力いっぱいかかったホーンの音色が吐き気が出るほど大嫌いな俺は、この近代的アレンジと生音の色気のまじりあった極上なっちに憤死したい。

M2.ザ・ストレス(危機Version)
   編曲:土肥真生
  All Instruments:MANAO DOI


はいはい、最高最高。
ていうか、もうね、ここまでくると最高のビッグビートですよこれは!!!
ケミカルズを25回ぶん殴った後、なっちの天使の笑顔を振りかけたらこんなんできました。
昇天。

M3.ザ・ストレス(shakabone HIDE Remix)
   編曲:shakabone HIDE
  Programming&Accordion:HIDE
  Chorus:yumi Rap:BOSSY


これも素晴らしい。もう素晴らしい。
何が素晴らしいって聴いたことないもん、こんなの。
はっきり言ってしまえば、「ザ・ストレス」なんて本当良い意味でどうでもいい、とるに足らないアイドルソングですよ。ただ、本来アイドルソングなんてそんなもんじゃないといけないとも思っていますが。
森高@グランジモードの枯れ切った歌詞に、そこらそんじょに投げ捨てるようなでたらめでキャッチーなメロディ。これだけで構成されているんですよ。
なのに、なのに、何故スタッフはこんなにも真剣なのか。

そこに深く感動した。

しかし僕らは知っている。本当にくだらないことに全力投球するこでしか、どこにもないオリジナルなモンスターは作りえないないことを。

もうね、これはここまでいくとR&Bです。ただし誰も体験したことのない日本R&B。

今、どこぞで歌姫とかDIVAって言われてる人達は全員これを聴いてなっちに反省文をだしてください。お願いします。
どこかで聴いたことのある歌唱法とか、ブラックな発音とかアーシーなアティチュードとか、そんなもんはいらん。もう飽きた。
そんなものはファッション誌まんまパクっていきがってる地方高校生となんもかわらんのだよ。

M4.ザ・ストレス(アカペラVersion)
   All Voices:NATSUMI ABE

な っ ち は 天 使

ありがとう、僕の汗と血で稼いだ1050円をこんなことにしちゃってくれて本当にありがとう。
なっちありが(ry
さて、書き終わって読み返してみると、まあ、正直褒め過ぎたな…
でもこんなテンションに持って行ってくれるいいシングルなのは確かです。

(●´ー`)ノシ<是非、手にとってみてくださいね。

ていうかジャケも最高wwwwww
スポンサーサイト

ぼいんぼいんtunesトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。