--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

04.02

« ( ‘д‘)<大分ウォーカー:竹田市 »

本日あいぼんさんと訪問したのは大分の小京都と呼ばれています、岡藩7万石の城下町大分県竹田市です。

竹田市の特徴:
作曲家滝廉太郎の生まれ故郷。(荒城の月は竹田市の岡城がモチーフとなっています。)
小京都の名に恥じない美しい町並み。
国立公園に指定されている久住高原の雄大な景色。
直入地区の名湯、長湯温泉。

そしてなによりあいぼんさんを喜ばせたのが竹田市の祭り「竹楽」。市内の至る所に20,000本の竹灯篭が灯され、蛍のような薄明かりの中、情緒在る竹田の城下町を自由に散策することができます。今年の開催は11月19日~21日の3日間、是非お越しいただければと思います。

taketa001.jpg


( ‘д‘)<田舎サイケデリィィィィック!

「竹楽」公式HP
http://www.city.taketa.oita.jp/tikuraku/
スポンサーサイト

ぼいんぼいん旅行トラックバック(0)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

なんか大分って素晴らしいんじゃないかと思い始めてるのが悔しい。画像は普通に感動!

( ‘д‘):2005/04/02(土) 10:55:48 | URL | [編集]

”小京都”ってどの地域にも存在するもんなんだね

名無し募集中。。。:2005/04/02(土) 22:21:55 | URL | [編集]

ちなみに読みは「たけたし」です。竹がたくさん取れるから竹の祭りをやる!とかゾウリムシが光に向って走るのと同じくらい単純な仕組みでうごいてて素敵だなとゆいたいです。ちなみに小京都は大分だけで3箇所くらいあるから・・・同じ地域同士で争うなよとゆいたい・・・

ヒロポン:2005/04/03(日) 13:48:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。