--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.18

« さゆwwwアイドリングヲタwww »

从*・ 。.・)
そうですね。あの、さゆみも、何かアイドルとか、すごい好きで、
あの、ラジオはあんまり聞かないんですけど
そういう、なんか、テレビとかで、何かそういう、
なんか募集してるのとか見ると、すごい送りたくなっちゃって、
たまに送るんですけど
一番最近送ったのは、あの、うさちゃんネームは、「すべりしらず」です
(「今夜もうさちゃんピース」2007年4月26日放送分)

2007年11月26日、すべりしらずさん、アイドリングの番組で採用されるwww
toro17447-small.jpg


他にも他にも・・・
 ...READ MORE?
スポンサーサイト

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(4) 

    2008

01.15

« 五つ星れいな長文注意 »



なんといっても田中れいなソロラジオInterFM「FIVE STARS」である。
これが実に面白いというか、なんか心がポワワとなる素敵ラジオになっているのです。

もともと田中れいなは、自身が自己批評するように典型的な「オチのないトーク」をする娘なわけであって、俺はれいながモーニング娘。メンバーの中でなかなかラジオレギュラー番組をもらえないことに大いに納得をしていたわけであるが、いざ任されてみるとこれが面白い。

ただし、だ。
通常のラジオを楽しむ感覚で田中れいなラジオを楽しむと、「オチのないトーク」に飽き飽きすること請け合いであり、全く楽しめないわけで。
この楽しめなさを例えるならば、女の子と買い物に行ったとき「ねえ?この靴も似合うけどこっちの靴も似合うよね?どっちがいいかなぁ?やっぱこっちかなあ?」というエンドレストークに巻き込まれることに似ており、思わず「こっちにしたら?」なんて提案しようものなら「本気でいってるの?全然違うって言うか、私のこと本気で考えてる?」という理不尽な怒りまで買いかねないので怖い。

ではどう楽しむか?どう面白がるか?

 ...READ MORE?

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(2) 

    2008

01.13

« 服飾倫理について改めて確認するが »

sayu_mizugi.jpg

俺はハロプロメン全般が水着になるのが大嫌いである。
というか激しく反対だ。

なぜならば、俺は彼女らの通う私立センチュリーランド学園の一同級生であり、一教師であるからなのだ。

なのだ、と言われましても…、とは言わないでいただきたい。
これについては、そうである。としかいいようがないくらい深淵な事実を指し示しているのだ。そういうものである、とあきらめて合点していただきたい。

で、その私立センチュリーランド学園の校訓は以下3つである。

一つ、努力
一つ、未来
一つ、A Beautiful Star


以上の校訓から理解できるように、基本的に私立センチュリーランド学園の生徒は清く美しく汗を流し目標に向かって努力する、硬派な好少女の集まりであり、男子生徒に向かって肌の露出の多いビキニの水着を着て自らの性をアピールするなどは言語同断であり、むしろ制服のスカートとハイソックスの間に見える肌色の方が要するに俺にとっては大事な宝物なのである。あ、あとうなじとかその周りの産毛とかも追加させてもらってよろしいでしょうか。

まあつまり何が言いたいかというと、俺が一番心配しているのは、水着姿の彼女らを見た彼女たちの保護者(PTA)はどういう心境でいるのか!ということを真剣に想像すると俺は心がいたたまれなくなってくる次第である。

そして遂に今まで口を閉ざしていた彼女たちの保護者(PTA)の代表から心暖まるコメントをいただいたので、これ掲載し、彼女たちの服飾倫理を啓発したい次第である。


↓クリックしてPTAの心の叫びを聞くがよい
PTA_no_kenkai.jpg


お父さん、俺も許可した覚えはありません。
今からお父さんヲタになりたいと思います。
家庭で虐げられてもめげないで戦い続けましょう。
だけどもうお風呂にはいっしょに入らないでください。お願いします。

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(4) 

    2008

01.06

« ジュンジュン 宇宙へ »

junjun_space.jpg

日本語が片言なジュンジュン。
なんだか動きも思考ももっさりしてて熊みたい。
てかこれがほんまのパンダや!パンダちゃんや!
だけども誰よりも自由で踊りの列からはみ出しても笑顔で勝利のピース。
好物のバナナがでてくりゃカメラを気にせず突然かぶりつく予想不能ぶり。
道重先輩にメールを送ってみれば突然の呼び捨てメール。
卓球ラケットを握らせると必殺の効果音「プシューっ!!」が飛び出すし。

読めない。俺はジュンジュンという人間が読めない。
てかお前、実は日本語ぺらぺらじゃねえのか?マジで。

そんな悩める俺の前にTime誌の記事が目に入った。
見出しは「Chinese Immigrants Chase the Japanese Dream」
ざっと訳すと「日本で夢をつかむ中国移民」って感じ。



Catering to this crowd, Morning Musume, a Japanese version of the Spice Girls, added two new singers to its nine-woman line-up this year. Both are Chinese. The move was no doubt geared toward attracting a Chinese audience, but the group's producer is equally keen on maintaining a Japanese fan base. "I had older relatives who told me not to come to Japan because of what it did to China during the war," says Li Chun, 19, one of Morning Musume's Chinese additions. "But I told them, music is universal. It doesn't matter where I sing: China or Japan or outer space."



これを、ざっとへたくそに訳すと



日本版スパイスガールズであるモーニング娘。に2人のメンバーが加入した。そのいずれもが中国人。この加入劇に当然中国人のファンは皆引きつけられるが、プロデューサーつんく♂は日本人のファンにも訴えかけるねらいだ。「戦時中に日本が中国にしたことを理由に、日本へ行くべきでないと言う親戚もいました。」とモーニング娘。に加入した中国人の一人、李純(19)は言う。「でも、私言ったんです。音楽は世界共通だって。私が歌う場所が中国でも、日本でも、宇宙だって関係ありません。」



ジュンジュンの歌声は宇宙へ。
オーディションで流したあの涙をふと思い出した。

ちょっと見直したぜ、パンダちゃん。

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.31

« みんな大好き柴田あゆみクン(23)の一日 »

メロン記念日のナチュラル担当(爆)で、落ち着いた清楚な雰囲気が人気を集める柴田あゆみクン(23)の一日に密着取材しちゃうz!
 ...READ MORE?

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.29

« ポケモンゲットだぜ »

No.001 キラーソー目ぺたんこ科 夏焼雅(中三)

普段はいたって常識的な立ち回りをしているが、いったん妙なスイッチがはいると、行動のキレ具合と意味不明さが臨界点を突破する傾向がある。

例1)ゴムのおもちゃに突然「芋虫くん」という名前を頼まれてもいないのに命名し、それが引きちぎれんばかりに伸縮し続ける<図1>
例2)教科書を朗読する際に、「好き」という恥ずかしい台詞があると、天に向かって「好き好き言い過ぎなんだよぉ!!!」と自爆気味な切れ芸をはじめる
例3)自分が海派、山派どちらかと聞かれると「山はとにかく汚い」などおおよそ常識から超越した根拠を持ち出し、山派を否定する

<図1>目線が定まっていないトリップ状態の夏焼雅(中三)
miyabi_mushi

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

10.22

« PLAYBOY »




今更だがプレイボーイである。

いや俺じゃない。
断じて俺がプレイボーイという意味ではない。
俺はプレイボーイのプの字にも縁のないシャイボーイであるが、あのモーニング娘。がかの週刊プレイボーイにグラビアで掲載されたのである。

ピンナップにカラーグラビア3ページにインタビュー3ページ。

これはおかしい。
だって俺の心の中の中学生が大声で叫んでる。

「プ、プ、プレイボーイってエロ本じゃないっけ?みんなで50円ずつ出して口髭が生え始めた、ちょっと見た目が18歳いってる河野くんに買ってきてもらおうぜ!」

俺らが中坊のころは週刊プレイボーイは大人の象徴だったのだ。
それにモーニング娘。が掲載されるのか。
これは何かの隠しコマンドじゃねえのか?
Ⅱコンのマイクになんか叫んだから世の中がちょっとバグってこんな事態になってしまったんじゃねえのか?!

俺は、ふと気付けば10数年ぶりの週間プレイボーイをレジに持っていっていた。

あんまり恥ずかしくもなかったしドキドキもしなかった。

もう俺は、河野くんがレジに週間プレイボーイを持って行く時、みんなでその背中を見ながら「勇者!河野くんマジ勇者!」って笑いまくっていたころの俺じゃないんだ。

俺は俺の心の中学生に語りかけた。

「ありがとう楽しかったよ。僕は週間プレイボーイをレジに持って行ける大人になりました。でも僕は君のことは忘れない。絶対に君のことは一生忘れない。さようなら。さようなら。」

週間プレイボーイを買った帰り道に石につまずいて転びかけた。
僕はあのころのように膝小僧にかさぶたを作らず、なんか気持ちの悪い器用さでバランスをとって何事もなかったように再び歩きだしたのだった。

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

05.14

« ( ‘д‘)<Smells Like TeenSprits Forever »

今日も忙しい。俺は化学調味料にまみれた弁当を購入し、何かに追われるように移動車の中でもそもそと食べる。そんな俺が鏡に映る姿を見て、飼いならされた豚のような姿だ、と自分自身に毒づいてみる。俺は何もすることができない自分を悔しく思い、汗にまみれた握りこぶしを空しく作った。「さあ、今日も充実している。そう、俺は思いっきり自分のやりたいことをやっている。」頭の中で念仏のように繰り返し音声を再生するが、心の声がだんだんと小さくなり、否定的な言葉が俺を支配してくる。負けられねえ、ぜってぇ負けねえ、闇に刀を振りかざし、汗を流しながら今日もどうにか両足でたち続けるんだ。これは今日昨日に始まったことじゃない。毎日、毎日、毎日。これからも毎日、毎日、毎日。

…姉さん、最近ガキさんを見ると俺には涙が止まらない放課後が訪れるんです。
ガキさん、ガキさん…そんなそよ風のようなやさしい目ででこっちを見ないでくれ…



突如ガキさんの思い、歴史が俺の中に流れ込んでくる。


・素人時代の娘。トレカ集め&ハロショ行き&ミュ観劇&小学校のクリスマス会?で「恋ダン」を披露
・映画「ピンチランナー」を鑑賞&CD購入、歌詞を書いて暗記&FC加入&コンサでパンフ購入&娘コスプレ
・人生で初めて買ったCDは「恋のダンスサイト」
・オーデ時娘以外でデビューできるとしても次回の娘オーデ参加を表明
・オーデ時つんくの心も動かした「モーニング娘。が大好き」(乙パス&三人祭で挑戦)
・娘。加入直後、コンサで新垣(13歳)がMCで「モーニング娘。に入れてうれしいです!」も聞こえた罵声
・Q33 一番悲しかったこと(ハロープロジェクトのメンバーになって)  A: (空欄)
・Q42 仕事をしていなかったら、何をしていたと思う?
A、普通に中学生だと思うんですけど、多分モーニング娘。のオーディションをまた受けよう!って思ってると思いますよ!!
 すごくモーニング娘。に入りたかったので!
・Q.幸せだなーって感じるときってどんなどき?
  モーニング娘。がすっごい大好きで入れてそのモーニング娘。で踊って歌ってってできのるって
  ほんとにすごい、すっごい楽しくていっつも『あぁ、しわあせだなぁ』って思いますね
・テレビ番組「題名のない音楽会」で携帯の着メロはモー娘。
・娘。に加入した後も娘。トレカを購入
・矢口前ラジオのヘビーリスナー(ミニコーナーの飯田にも感謝される)・ネタTシャツ愛用
・ハロショのグッズでの好きな漢字は「娘。」
・4コマ漫画でいつも笑顔で歌って踊っていられるのはスタッフやファンのみなさんのおかげです(ボード厨込)
・コンサリハでヒマが出来ても最前で勉強&ツアー中はMDで自分の曲を聴いて練習
・PJと安倍卒コンでの純粋な涙
・ハロモニで何度か見せた、娘の曲での完璧な振りと歌(カンペ見ないでカメラ目線)
・田中にパートを奪われたにも関わらず好きな曲一位はピース!(浪漫イベMC)
・面白い返事&テンパル様子
・東京タワーからテレビ東京に祈った、娘入り(本当に嬉しかった)
・高橋の性格を的確に把握
・ハロモニで見せたメンバー愛溢れるモノマネ(飯田さんのおはよう微笑み等)
・Q好きなな男の子はいないの?A.今はそういうことは考えられません(スポニチ記事)


もう、俺が語ることは何もありません…。
俺もガキさんになりたい。
そう、俺はガキさんになりたかったのになれなかったんだよ、ガキさん
ガキさん、ガキさん、ガキさん…
 ...READ MORE?

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(4) 

    2006

02.26

« ( ‘д‘)<ナチレンの研究 »

なっちはかわいい。
なっちの可愛さは例えるなら石油に似ていると思う。

石油は数多くの木の葉とか、化石とか、土壌とかが積もり積もって、地面の底でドロドロに混ざって、さらにものすごい年数が経過してもうなんだか良くわからなくなっちゃって生成される。

なっちの可愛さは昔からコテコテ過ぎて、さらにそのコテコテパワーが長年にわたり継続的に蓄積され過ぎて「正直もう良くわかんなくなっちゃった」みたいな感じで、熟成された強引さだけで構成されている。

だから、俺はそれを「ナチレン」と呼びたい。

果実をコテコテに成熟させる物質はエチレンと呼ばれるのだが、なっちの可愛さをコテコテに成熟させるのはきっとナチレンだと思う。

以下にナチレン研究成果を引用して締めさせていただく。

------------------------------------------------------------------

安倍なつみを取り巻く物質ナチレン
平成18年2月26日

1 目的
この論文ではなっちこと安倍なつみを取り巻く物質ナチレン(naccilene)について考察する.

2 構造
エチレン(ethylene)の化学構造式は次である:
natch_lene01.jpg

そして・・・ひれ伏すがいい!これがナチレン(naccilene)である:
natch_lene02.jpg

なっちのほっぺとともにNacciの文字が観測される.

3 まとめ
なっちは天使である.

kyawawa_natch.jpg


------------------------------------------------------------------

ぼいんぼいん随想トラックバック(1)  コメント(5) 

    2005

08.24

« ( ‘д‘)<さよなら、こんにちは »

仕事の帰りに中古レコード屋によるのが大好きです。
何が面白いって中古レコード屋にはいろんな出会いと別れがあるんです。

中古レコード屋に向かうまでの道のり、心はおもちゃばこをひっくり返すこどもの気持ちに。夜もだいぶ涼しくなってきてすごしやすくなってきました。ちなみに今日の鼻歌はミキティの満月。今日はいい調子だなあ、さて、今日はどんな出会いがあるかな。

レコード屋に到着すると、たったかたったか小走りに新着コーナーへ。早速わくわくした手つきでブツ漁りをしていると、ふと、目に入ったCD達。

ん?これは?


そこに売られていたのは大量のメロン記念日のCD達。
あ、スゲー、1stシングルから今までの分ほとんどあるじゃん。しかも100円か、やっすいなぁ。お気に入りの奴は重複しても良いから買っとくかな。うは、香水は超良ジャケだなwwwww買おう買おう!

CDを手に取った瞬間、俺のこころのしばっちゃんがどこからともなくふらりと俺の隣に現れました。そして、所在無さげに何か言いたそうな顔でこっちを見ています。どうしたの、しばっちゃん。

「もともと私の持ち主さんは、少しこころの弱い人だったんです。他の人よりも悲しい気持ちになりやすい人。でも、それは心の優しさの裏返しなんですよ、私にはわかるんです。
ある日、わたしはたまたま外出した彼の目にとまったんです。初めて私を手に取った時の彼の表情は忘れません。彼ったら、買おうか買いまいか15分も迷って、私の周りをぐるぐるしてたんですよ。きっと少し恥ずかしかったんだと思います。でも、きりっと覚悟を決めて私を手に取るとレジまで連れていってくれました。すごくドキドキしてたんでしょうね、手に汗をたくさんかいてたんですもの。でも、すごく嬉しかった。

それから、彼は毎日何度もリピートをして私の歌を聴いてくれました。
レコードだったら擦り切れるっていうのかしら。私が一生懸命歌ってるのにあわせて彼も笑ったり歌ったり泣いたり踊ったりしてくれました。彼が、元気になってくれればいいな、そう思いながら私も一生懸命声をからして歌ったものです。彼に強いこころを、楽しい時間を、ちょっとした逃避の時間を。私と彼は一緒に自分を取り戻すため歌い続けた、そんな毎日が続きました。しあわせな毎日。

彼は私の歌を聴きながら、毎日のことを私に語って聞かせてくれました。やっとバイトが見つかったこと、人と話すことが楽しくなったこと、可愛い女の子が一緒に働いてること。私も彼が元気になってくれるのが嬉しくていつも以上に張り切って歌って踊ったものです。

そして、ある日彼は可愛い女の子をつれてうちにやってきました。彼女ができたんです!あんな沈みがちだった彼にもついに春がやってきたんです。私は、棚の影に隠れて初々しい二人に投げキッス。(だって、私がいることがばれたら彼女は嫉妬するでしょう?)ひゅーひゅー!お熱いね☆

そして、きっと私は役割を終えたんでしょうね。今日彼につれられてここにやってきました。彼は「さよなら」も言ってくれなかったけれど、いいんです。彼が元気になってくれて、自分らしい生き方をするための一歩を踏み出してくれたんですから。私は、本当に幸せものなんです。・・・幸せだったんです」

僕は、ぽそぽそとしゃべり続けるしばっちゃんの話を何度かうなずきながらひととおり聴き終わると、CDをそのままレジに持っていきました。今度の鼻歌はスキップ。



さよなら、そして、こんにちは。

ぼいんぼいん随想トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。